なぜ、太陽熱を使うのか?


OMソーラーは、太陽の「光」でなく「熱」を暖房や給湯に使います。
なぜ、「熱」を使うのか?
それは「熱」を使うのが一番単純で無駄がないから。
暖房なら、寒い冬でも20℃もあれば十分快適のはず。そして、屋根にはたくさんの太陽熱が降り注いでいます。
その熱を使わずに、わざわざ石油を燃やしてつくる電気を使って暖房するのはもったいない。電気のような高度なエネルギーは、電気にしかできない「照明」や「動力」に使い、低レベルな「熱」で済む用途には太陽の「熱」を使いたい。
だから、OMソーラーは、暖房や給湯に太陽の「熱」を使うのです


なぜ、暖めるのは空気なのか?


空気なら液体と違って万が一漏れても安全です。
また、空気を床下にまわして温めるOMソーラーは、「温かい空気が上昇する」という性質と相性が良いしくみです。
そして何より重要なのは、空気そのものを温めて取り込むので、暖房しながら換気ができるということです。冬に窓を開けて換気すると、せっかく温めた部屋に冷気が入ってしまいますが、OMソーラーでは「暖房」と「換気」という相反することを同時に実現します。
だから、OMソーラーは太陽の熱を「空気」に伝えて利用するのです。


熱を貯める?


OMソーラーは、昼のあいだ太陽の熱を床下の基礎コンクリートに貯めておきます。コンクリートはいったん温まると冷めにくい性質を持っており、言ってみれば「熱の貯金箱」です。この、貯めた熱を、時間差で少しずつ使います。
冬、特に暖かさが欲しいのは太陽が沈んだ夕方から明け方にかけての時間帯です。OMソーラーでは、集めた熱のほとんどをいったん床下のコンクリートに蓄えます。その熱が、夕方、外の気温が下がってくる頃から翌朝にかけてゆっくりと放熱するため、室温が急激に変わることがありません。
こんなふうに一日の室温変化を緩やかにできるのがOMソーラーのいいところ。OMソーラーは「温度をいかに上げるか」ではなく、「温度低下の速度をいかに緩やかにするか、変動幅を少なくするか」という「なだらか曲線」の特長をもっています。

集熱をする

建物に外から熱が入ってくることをいいます。
OMソーラーでは、屋根で太陽の熱を集めます。屋根の上の強化ガラスが温室のような役割を果たし、集熱空気の温度をさらに高める働きをします。

蓄熱する

建物に熱が蓄えられることをいいます。意識的に貯めておかないと、次第に建物から熱が奪われていきます。
OMソーラーでは、日中屋根で熱くなった空気をダクトを通して床下へ送り、基礎コンクリートを温めます(熱を貯めます)。

熱を逃がさない

断熱とは、屋根や壁、床などから熱が逃げるのを防ぐこと。気密とは、空気そのものが熱を運んで出て行かないよう遮ること。
蓄えた熱は、太陽が沈むとゆっくり放熱を始めます。このとき熱を逃がさないための断熱・気密の工夫が大切です。


 
体にいい暖房とは?夏涼しい家の条件とは?ずっと暖房していても、空気が綺麗な理由とは?

 
詳しく知りたい方に、「ゆっくり休もう。」牧田工務店オリジナルパンフレットとOMソーラーのパンフレットを差し上げます。
 
パンフレット請求はこちら